top of page

Songs for 薬をもらいにいく薬(序章)​

press to zoom

2021/07/22
Songs for 薬をもらいにいく薬(序章)

■Client Works / Space

音楽を使った空間デザイン。
演劇団体「いいへんじ」の演劇作品「薬をもらいにいく薬(序章)」の劇中音楽。

ラジオシーンの楽曲「Cross Voice Tokyo #1〜#2」は、劇中のラジオ番組「Cross Voice Tokyo」に着想を得て、クラシックギターやマリンバ、オルガンを使用し、フレーズが交差するように配置。また、DJがスクラッチし、曲を進めるようなエフェクトをメインテーマやドラムにかけて、後退と前進を繰り返すイメージを表現。

劇中の楽曲「#1〜#6」は「抽象的なマーチ(行進曲)」「本当は身体が動くはずなのに動けない」をコンセプトに制作。序盤〜中盤は「一定に進む時間に乗れず、靄のような中をかきわけながら一進一退で歩んでいく」、中盤から終盤は「段々と視界が晴れてきて、時間にも自分のリズム(グルーヴ)で乗りこなせるようになってきて、少しずつ光が見えてきてここから進める」といった、登場人物たちの心情や距離感などのイメージの連なりを表現。

「Main Theme」では、ラジオの楽曲や挿入曲のリズム引用、各シーンのエッセンスを混ぜ合わせ、「一見すると繋がっていないことが繋がっている」ようなイメージを音楽で表現した。

 

Spatial design using music.

Music for a theater work "Kusuri​-​Wo​-​Morainiiku​-​Kusuri (Prologue)” of the theater group "Iihenji".

 

"Cross Voice Tokyo #1~2” was inspired by the radio program "Cross Voice Tokyo" in the play, and they made songs using classical guitar, marimba, and organ. The songs “#1~6” in the play are based on the concept of "Abstract March". They expressed the emotions and sense of distance of the characters in music.

 

芸劇eyes番外編 vol.3
「もしもし、こちら弱いい派─かそけき声を聴くために─」
弱さを肯定する社会へ、演劇からの応答

『薬をもらいにいく薬(序章)』

作・演出
中島梓織(いいへんじ)

出演
飯尾朋花
小澤南穂子
(以上、いいへんじ)
遠藤雄斗
小見朋生(譜面絵画)
タナカエミ

声の出演
松浦みる(いいへんじ)
野木青依


Title:Songs for 薬をもらいにいく薬(序章)
Client:いいへんじ
Marimba:Aoi Nogi

​Music Written by The Vegetables
Music Directed by Vegetable Record

 

Main Theme
00:00 / 04:02
Cross Voice Tokyo #1
00:00 / 04:07
Cross Voice Tokyo #2
00:00 / 01:56
#1
00:00 / 01:54
#2
00:00 / 00:56
#3
00:00 / 03:09
#4
00:00 / 02:24
#5
00:00 / 01:34
#6
00:00 / 07:46
bottom of page