Songs for 髙崎のおかん

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

2021/12/06〜
Songs for 髙崎のおかん

■Client Works / Space

音楽を使った空間デザイン。
池尻大橋にある「髙崎のおかん」の店内音楽。

店内を料理や燗酒を振る舞うための舞台(非日常な空間)と捉え、5曲(天井スピーカーから流れる2曲、店内3ヶ所から流れる3曲)制作。

調性(音楽のキー)のみ合わせたそれぞれの音楽は、長さが異なり、それぞれが独立して流れ、常にズレながらも重なり調和し合うことで、空間の中でひとつの音楽として完成する。

<#1 オープニング 天井スピーカー 60:00 18:00〜19:00>

コンセプトは「火を入れる」。
舞台背景をイメージしたアコースティックギター、同一リズムを反復するマリンバ、能楽の囃子を模した電子ドラム、茶道の湯相を模した5種類のノイズ(ブラウンノイズ~ピンクノイズ~ホワイトノイズ~ブルーノイズ~バイオレットノイズ」、オーナー髙崎丈氏に縁ある双葉町の「双葉町民の歌」「ふたば音頭」から着想した旋律などを使用。

音色を段々と変化させつつ、ボレロや序破急のようにテンポや音量を徐々に上げ、長い時間をかけて静かに盛り上がっていく、茶室や能楽のような雰囲気を現代的に表現。楽曲終了後の無音が引き立つ、序曲のような音楽を目指した。

<#2 エンディング 天井スピーカー 60:00 21:00〜22:00>

コンセプトは「火を止める」。
舞台の幕引きをイメージしたマリンバの落しのリズム、舞台背景をイメージしたアコーステックギター、蒸気が立つ鍋に蓋をするようなイメージのアナログシンセサイザー、オーナー髙崎丈氏に縁ある双葉町の「双葉町民の歌」「ふたば音頭」から着想した旋律などを使用。

落しのリズムから始まり、後半になるにつれ、3台の小型スピーカーから流れる音楽をエンディング曲にも配置し、まるで茶室から退出して飛び石を渡り庭に出るような演出を音楽で目指した。

<#3 小型スピーカー(中央) 12:00 18:00〜>

時を知らせる鐘をイメージした、12分サイクルで鳴るマリンバの和音。

<#4 小型スピーカー(奥) 31:30 18:00〜>

茶室の庭の、木々のざわめきや鳥の声をイメージした、エレキギターとシンセサイザーの楽曲。

<#5 小型スピーカー(手前) 11:54 18:00〜> 

飛び石を渡ることをイメージした、エレクトリックピアノの楽曲。

Spatial design using music.
Music for small restaurant "Takasaki no Okan" in Ikejiri-Ohashi.

We made 5 songs for the restaurant, in likeness of a stage (extraordinary space).

The 5 songs are always out of sync, but in harmony with each other, they are completed as one piece of music in the space.

<#1 Opening Ceiling Speaker 60:00 18:00〜19:00>

Concept is "Putting on the Fire".
Using acoustic guitar like a stage background, repetitive marimba, electronic drums imitating rhythm of Noh Music, 5 types of noise imitating the tea ceremony,the melody quoted from "Futaba townspeople's song" and "Futaba Ondo" related to the owner Takeshi Takasaki.

We modernize a Noh-like atmosphere that quietly livening up gradually, and aimed for overture-like music that emphasizes the silence after the song ends.

<#2 Ending Ceiling Speaker 60:00 21:00〜22:00>

Concept is "Putting Out the Fire".
Using marimba rhythm like end of the stage, acoustic guitar like a stage background, analog synthesizer like putting a lid on a steaming pot, the melody quoted from "Futaba townspeople's song" and "Futaba Ondo" related to the owner Takeshi Takasaki.

Beginning with the marimba rhythm, as the latter half of the song, the phrases played from the 3 small speakers are placed in the ending song. Using music, we created an atmosphere that made you feel as if you were left the tea room, crossed stepping stones, and went out to the garden.

<#3 Small Speaker(Center) 12:00 18:00〜>

Marimba chord song rings in a 12-minute cycle inspired by a bell that tells the time.

<#4 Small Speaker(Back) 31:30 18:00〜>

Electric guitar and synthesizer song inspired by the noise of trees and the voice of birds in the garden of the tea room.

<#5 Small Speaker(Front) 11:54 18:00〜>

Electric piano song inspired by crossing stepping stones.

Title:Songs for 髙崎のおかん

 

ネーミング:鈴木おさむ

店舗デザイン、VIデザイン、撮影:土屋勇太

空間設計:瓜生一雄、佐々木絢子

照明設計:樋引良太

のれん制作:暖簾 中むら

椅子制作:TIMBER COURT

酒樽の底板提供:仁井田本家

Free Download

​​Music Written & Directed by Vegetable Record