Song for rétela

もっと見る

2020/10/18〜
Song for rétela
​​
■Client Works / Product

 

音楽を使ったプロダクトデザイン。
テキスタイルブランド「rétela」とのコラボレーション。


タグのQRコードを読み込むと楽曲をフリーダウンロードすることができる。

アイテムは「バッグ」「ポーチ」「エプロン」「スカート」など。

rételaのコンセプト「だれも見向きもしない廃棄される「もの」や、手仕事の息づかい。それらにフォーカスし、人の手によって再構築して新しい価値を見出す」より着想を得て、楽曲を制作。


ブランドデザイナーの大越敦子がインドで採取してきた音、「市街の人々の声」「インドを象徴するクラクション音」「寺院の音」「街中で流れるインド歌謡曲」「インド伝統楽器のナーガスワラムとタヴィルの音」などを音楽の素材・楽器の一つとして捉え、調性を合わせるための音高変更や新たな要素も加えながら、アップサイクルのように新しい音楽作品として再構築した。

ワタリウム美術館併設のミュージアムショップ「on Sundays」にて販売中。

Product design using music.

Collaboration with textile brand "rétela".

You can download the song for free by reading the QR code of the tag.

Items include "Bags", "Pouches", "Aprons" and "Skirts."

We made the song inspired by rétela's concept "Discarding things that no one looks at, and the breath of handicrafts. Focusing on them and reconstructing them by hand to find new value".

 

We saw the sounds collected by brand designer Atsuko Ohkoshi in India - "Voices of the people of the city", "Sounds of the horn that symbolizes India", "Sounds of the temple", "Indian songs flowing in the city" and "Sounds of traditional Indian musical instruments Nagaswaram and Taville" - as one of musical materials and musical instruments, and reconstructed as a new musical piece while adding pitch changes and new phrases.

Available at museum shop "on Sundays" in WATARI-UM Art Museum.

Title:Song for rétela

Free Download

Collaboration:rétela

Music Written by The Vegetables

Music Directed by Vegetable Record

Vegetable Record | Vegetable Corporation | Vegetable Record Food

  • Twitter Social Icon
  • Instagram

Copyright © Vegetable Record