Songs for Exhibition "unnecessary"

もっと見る

2020/07/08

Songs for Exhibition "unnecessary"

 

■Client Works / Space

音楽を使った空間デザイン。

「痛み」をテーマにアート作品を発表している歯科医師、長縄拓哉の個展「unnecessary」の会場音楽を担当。

 

基本テーマである「痛み」を派生展開させ、「痛みを和らげる音楽」をコンセプトに3曲制作。キーワードは「ロマンス」「陽気」「夢」。様々な音色が織りなす、ラテン的でロマンチックな白日夢/非現実のような、軽やかで柔らかい雰囲気を目指した。

 

会場では3ヶ所に設置したそれぞれのスピーカーから、楽曲「#1」「#2」「#3」を再生。3曲は、尺は異なるが調性が同じため、常にズレながらも重なり調和し、会場の環境音(街の音や話し声など)と混ざり合うことで、「その時・その場所」でしか成り立たない「居る場所によって聴こえ方が変わる、グラデーションのような音楽空間」を作った。

 

Title:Songs for Exhibition "unnecessary"

Free Download

 

Music Written by Ryota Mikami

Music Directed by Vegetable Record

Vegetable Record | Vegetable Corporation | Vegetable Record Food

  • Twitter Social Icon
  • Instagram

Copyright © Vegetable Record